扁桃炎ってご存じですか?

口蓋扁桃の炎症です。扁桃の病気と言っても肥大によるものや炎症だったり、治療法も薬から手術までと幅広い疾患です。

和歌山医科大学耳鼻咽喉科の山中昇教授が編著された、名著『のどの病気 Q&A』に、共同著者である竹内が扁桃炎、溶連菌感染症の項目を担当しています。

やや、専門家向けですが一読をお勧めいたします。

 

                   2014年5月20日 発行

                                     全日本病院出版

                                   定価 6000円+税

前東大教授加我君孝先生が編著された名書『耳鼻咽喉科処方ノート』。現在でも耳鼻咽喉科医にとってのバイブルになっています。鼻の領域を石尾が、喉頭疾患の一部を竹内が担当しています。

急性副鼻腔炎から慢性副鼻腔炎の治療方針と薬物療法が簡潔で分かりやすく書かれています。

やや、専門家向けですが一読をお勧めいたします。

 

                           2004年5月  発行

                                       中外医学社

                                   定価 3400円+税

鼻涙管といって、涙が鼻の中に流れ出るルートの専門家である石尾が、涙嚢鼻腔物合手術について記載した名書です。

現在でも、臨床耳鼻科医が手術前に熟読してから手術に向かう良書となっています。このような手術は医院での治療には必要ではありませんが、この知識と技術をもって日々の診療を行っております。

こちらは、医師や専門家向けです。

 

                            2003年11月   発行

                                       東京医学社

                                            定価 15429円